Nov 13, 2012

続)English that worksな英語を獲得するには

前回、English that works だけを指針に英語とつき合えばいいと書きましたが、
それじゃあ、English that worksな英語は、どうすれば獲得できるのよ?

答えは簡単。
「使え」ばいいのです。

「使う」ことによって、自分が伸ばすべきポイントがわかるのです。
自分なりの学び方を工夫するようになるのです。
お頭で理解するんじゃなくて、「感覚」として、
「ああ、こういう英語のほうが使い物になるんだね」と気づけるのです。

*********
多読・多聴をすすめているサイトの案内文には、

英語にたくさん触れていれば、自然に英語が書いたり話したりできるようになるとか、
楽しんで多読していれば、生の英語が脳の深層に蓄積していって、
話したり書いたりということに進化していくといった説明書きがありますが、
何もせずに、アウトプットにつながるわけありません。

言葉が深層にたまったとしても、何もしなかったら溜まる一方です。
出てきません。
音読やシャドーインをしたところで、オウムになれるというだけのこと。
能動的に使っていなかったら、
自分の頭で考えて話す、書く時には、そんなものたいして役に立ちません。
逆に、溜まっている量がちょびっとでも、すべてがアクティブに使える状態にあれば、
いつでもその英語は使えます。
アウトプットしたいなら、最初っから「アウトプット」することです。
**********

英語学習を続ける人の多くは、
ちゃんとした、正しい、人前に出して恥ずかしくない英語が使えるようになったら、
英語話者の人とおしゃべりしたり、メッセージ交換してみよう。
多読や多聴、音読、シャドーイング、フリーライティング等々を続けていれば、
そのうち自然な英語がツルツル出てくるようになって、
英語話者の人と気軽に交流できる日がくる。
そういう夢を描いているのかもしれません。

でも、文法学習、構文暗記、決まり文句暗記、語彙増強、多読・多聴、シャドーイング、音読・・・
どんなやり方をするにせよ、
受動的な学び方をしている限り、
あなたの英語がリアルな世界で通用する日はやってきません。

実生活で使える英語力獲得のためには、現場で「使う」しかないのです。
教室の中、教材・テキストの中、本の世界、
そんな仮想世界でいくら英語を極めていっても、
多様な経験、背景を持ち、似通った価値観を共有しているとは限らない英語話者の間では、
机上の理想的英語が通用することなんて、ほんの少しです。

・・・・・・
ということを、もう少しはっきり伝えるべきじゃないですかね?
多読・多聴を指導する人は。

だって、多読が広まって10年以上たつのに、
溜めた英語を実際に使っている人なんて、ほんの一握りでしょ?
これだけソーシャルネットが広がって、
その気になれば一日で10人でも100人でも、
英語話者と仲良くなるチャンスが身近にあるのに。。。
英語圏のソーシャルネットうろうろしていても、
相変わらず日本人と遭遇すること、めったにないんだよね。

2 comments:

Whiskers said...

「ということを、もう少しはっきり伝えるべきじゃないですかね?
多読・多聴を指導する人は。」
刺された!ああ・・・これは致命傷か・・・?

いやほんま、おっしゃるとおりですわ。(関西弁)多読の授業の中でも「使おうよ」ということを言わなくてはいかんね。ただ本を薦めるだけじゃなくてね・・・。

Mrs.Malone_emmie said...

英語という使える言語を学んでいながら、わざわざ「使おうね」と励まさないといけないところに、日本における英語教育の難しさを痛感するね。読書するときに、使えそうな表現を集めろとか、そういうことを言ってるわけじゃないけどね^^;