May 21, 2012

書くこと。。。

(別ブログと同内容です。)


「一般社会人」がこれから必要な英語で書く力って何だろう。
「多読」と「書く」は、どう影響し合うのだろう。


たくさんある多読についてのブログを読んでみて、よく思うのです。
かなりの量の本を読んだ人も増えてきたのに、
私が感じているような多読の魅力を語っている人は、ほとんどいない。
どうしてなんだろう?
それってもしかしたら、こういうことかな。
英語を話したり書いてみたり、英語を「能動的」に使ってみないと見えてこない、
そんな多読の醍醐味があるからなのかも。。。


私は英語学習という流れで多読に入りました。
100万語をすぎたぐらいからは、学習という意識はほとんどなくなって、
今は趣味になってます。
10年ぐらいたつわけですが、その間、多読をやめようなんて思ったことがない。
常に何かしらの発見があって、楽しくてしょうがない。
特に4,5年前から「書く」ことを始めて、これまた長くかかったけれど、
ここへ来て大きな飛躍を感じることもできました。


点数でみると10年間で伸びたのはTOEICで60点だけ。
知っている単語数とかも、big wordは忘れていくから、
受験直後からは減っているかもしれない。
ところが英語が使えるようになったという「実感」は、ものすごく大きいのです。
そしてこれは「書く」ことでよりはっきりしてきた。


英語を学ぶといえば、英語をペラペラ話したい、というのがまず一番にくるでしょう。
でも、話す機会ってありますか?
話す機会もない一般社会人が、話すことに躍起になる必要ってあるんでしょうか?
大金使って英会話学校に行って、それで何になるのでしょう?


それよりも、これからは「書く」ことこそ、
英語のプロになるわけではない一般の人が伸ばしていくべき、
また伸ばすことの比較的可能な英語力ではないでしょうか?


そしてこの「書く」も、従来的な文法的に正しいとか、構文を使って書くとか、
時間をかけて辞書を使いまくって、「金太郎飴」のような平凡な文章を目指すのではなく、
それぞれの「個性」が「顔」が「表情」が見える、「読みたくなる」文章を書いていく、
それこそが、ネットでつながった世界に必要な英語力ではないのか。
そして、それを可能にしてくれるのがtadokuなんだ、そんなことを思ってみます。

No comments: