Apr 28, 2012

帰ってくるのは「目的」

どうして日本の英語教育って歪んでいくのでしょう?
そこに一石を投じるかと思われた多読まで、今では、
アカデミズムとビジネスの力で、歪む歪む。。。

結局ですね、歪む理由はシンプル。

「目的なしに英語を学ぶから」

目的がないから、そこに日本人の大好きなテストが入り込んでくる。
受験やTOEICで点数を出すことが目的となる。

では、どうしてそれがまずいかというと、
受験やTOEICで計れる英語のレベルが、恐ろしく低いものでしかないから。
TOEICなんて、所詮、お勉強的に英語を学べば手が届く、その程度のもの。
世界に出たら通用しないです。

どれほど通用しないものか、次のリンクを見てください。
これは欧州で用いられている英語レベル基準です。
どうでしょう、これを見れば、みんな謙虚になるってもんじゃないでしょうか?
CEFR
(この基準も、できた背景にはいろいろな事情があるそうなので、
これを基準にするのも、また問題なのでしょうが。)


それでですよ、
前の記事で「頭」な多読ばかり広がっていくと嘆いてますが、
アカデミズム、ビジネス、そして日本の教育界では、
効果を分かりやすく示すために数値化、TOEICという低レベルな指標を用いる。
低レベルだから「頭」な多読でOK。「心」な英語まで必要としない。
そういうことでしょうか。。。

これからは、多読ってことよりも、
アマなあなたは「英語で何するの?何がしたいの?何ができると思う?」
そんな声をもっとあげていこうかなあ。

No comments: