Jan 11, 2012

書くってこと

柄でもなくこんな本を読んでみたら、多読友に捧げたい一文に出会いました。
 翻訳夜話 (文春新書)
翻訳夜話 (文春新書)
翻訳のビートとうねりという話から。
(抜粋)
”村上:そうですね。ビートだったら標語だってあるわけだからね。「飛び出すな、車は急にとまれない」というのだって、ビートはたしかにあるからね。ただ何も訴えないですよね(笑)。良い文章に同時に必要なものはもっと深いうねりです。良い文章というのは、人を感心させる文章ではなくて、人の襟首をつかんで物理的に中に引きずり込めるような文章だと僕は思っています。暴力的になる必要はぜんぜんないですけど。”

文法勉強し、構文暗記したら、良い文章が書けるんでしょうか?

英語多読・多聴で言葉をたんまり蓄積する、
書きたいことがある、
そして湧き上がってきた文章こそが、読者に届くんじゃないかな。

2 comments:

NEO said...

emmie-san,ありがとう。
多読初期からのお付き合いで掲示板時代もたくさんサポートしていただきましたし、シェアーもしてきましたよね^^

emmieさんはどんどん突き抜けて開拓してますよね。もう雲の上くらいいっちゃったね~^^

私はご存じのようにグラマーやアカデミックコンプレックスがありますが、いつも大丈夫!と励ましてもらってここまで来ています。

人を感心させる文章ではなくて、人の襟首をつかんで物理的に中に引きずり込めるような文章

本当にその通りですよね。 大事な、素敵なメッセージをありがとう! すごいなんて思われなくてもいいと思っているけど人の目が気になったりするのよね。 多読で溜まっている自分を信じて、心のままに熱い思いをのせて書いていくね。

いつもタイミング良く、メッセージを下さるな~。ありがとうね。

Mrs.Malone_emmie said...

NEOさん、おはよう!NEOさんには、迷いだしたときに、襟首つかんで引き戻してもらったことが何度もあるように記憶してます(笑)
えーん、雲の上やだあ~
実際の私は、ものすごーく抜けている人なのに、どうも書いたものから想像すると、違ったイメージになるみたいですよね。mmm

昨日、中学生指導でSimon and GarfunkelのBridge over troubled water 聞いたんだけど、その出だし
When you're weary
Feeling small
When tears are in your eyes
I will dry them all
とあって、
東京のような人が多いところに住んでいると、周りと比較して、自分はなんて小さな存在なんだろうって落ち込むことあるかもしれないけど、みんなそれぞれ違うから世の中は面白いんだよ。。。と、いつものように脱線しました。
生徒に話しながら、自分も勇気づける。

これからも、いろいろ、楽しみだね!