Sep 27, 2011

Spot コロちゃんで(*_*)

英語多読といっても、GRからスタートしてLRに進み、次が児童書でその先にPB、
みたいなマニュアルに沿ってする人もいますよね。
絵本とかmangaは低俗なもののように考えて手を出さない人も。

でも、それってとってもとっても、もったいない。
先入観にとらわれずに絵本やmanga開いてみれば、
TOEIC高得点、英検1級というような人にでも(だからこそか)、
驚きがつまっていますよ!

とある高校の先生と私が感激したのが、これ。
(多読授業中に、シーンと本を読んでいる生徒の横で、
きゃーきゃーはしゃぐ教師が二人。
学校の授業としては、あり得ない光景が繰り広げられていたりする・・・。)
Spot Goes to a Partyコロちゃんのケーキづくり (児童図書館・絵本の部屋―しかけ絵本の本棚) (日本語版は同じものがなかったので参考まで)
これって赤ちゃん/幼児絵本コーナーに配架される絵本ですが、
侮ってはいけませぬ。
抜粋してみると・・・

Here's a letter for you Spot.
May I open it?
Who is it from?
Helen! I hope Tom and Steve are going.
(Please come to my costume party. from Helen.)
What will you go as, Spot?
A cowboy!
Here's something else for your costume.
Thanks, Mom...

何がすごいって、as があんな風に!!


ここで解説を期待しちゃあいけません。
そのまま、感じてみてね。
そしたらいつか使えるようになっているよ。

9 comments:

Whiskers said...

メールでもGRでもコメントして、さらにここで、とまるで私はemmieさんのストーカーですが・・・。
でも、コロちゃんとなると黙ってられません。多読初期に買いまくったわ~。
でも、これは持ってません。ほんと、すんばらしいas!
こういうのを意識しないで読んでいくのがいいんですよね~。
ああああああ、買いたくなってきたああああ。

Mrs. Malone said...

”意識しないで読んでいくのがいい”の先には、たくさんの素材と、仲間やアドバイザーが周りにいればよくて、(本に書いてあることを説明するだけの)先生はいらないということになりますよね。多読・多聴は先生から職を奪ってしまう、恐ろしい真実というのか・・・。

ついでにGRのことを書いてしまうと、あそこら(わかるよね?)周辺に集まるタドキストや、多読学会の先生が書く高評価が、GR利用に拍車をかけたと思ってます。
GRの全てが悪いといってるんじゃないです。私も数冊、涙したのがありますから。ただ、心に響くとか、言葉使いが美しいとか、そういうのってごくわずかですよね。古典をGRで読めたからって、歴女歴男以外、何になる?シェークスピアからthee、thouとってどうする? 肩書のある人の言葉を信じてばかりいないで、自分のお頭で考えようよ、まずは先生自らが、と思います。

Whiskers said...

多読授業って、教師には結構大変。じっと待つのが仕事。ぱっと見仕事をしていないようにしか見えない。いいタイミングをはからないとアドバイスも届かない。しかも、誰にでもうまくいくとは限らない。
そしてemmie-sanの言うように、実は教師はそれほど重要な役割でもない。いったん生徒が多読にはまれば。

だから、膨大な本の海に比べればお手軽なGRに教師は手を出すのかも。特に自分で読んでいない人はね。だってばーんと図書館に入れると見栄えもいいし。

東京都は違うようですが、公立の中高では多読はまだまだ広まっていないと思います。高専の世界では、豊田高専の実績により、注目されているらしいです。となると、自分で本を読んでいない教師が多読授業をする、ということも始まってくるわけで、これは大変です。そういう教師がそのあたりの解説本を参考にする、出版社がその気になる、というのは大いにありそうです。

GRのことからすらも離れてしまいますが・・・。
中高の英語教師には、ほんと、たくさんの問題が渦巻いています。
最大の問題は、たぶん皆さんスタートはただの英語好きの子供(?)だったのが、教師になるとcommunication toolとして英語を使う比重が結局はすごーく低くなり、現実問題として、生徒の偏差値をあげる、入試実績をあげるということがメインになってしまう、ということではないかと思います。

一方、生徒の方も、単語や文法を覚えればいい、という考え方を洗い流すことは至難の業です。
大体、暗記すればいい、っていうのが一番簡単じゃないですか。教師にも生徒にも。目に見える数冊の本とか単語帳とかを覚えたらゴール!みたいな。だからそこから離れられないんじゃないのかなあ。
相当やって、でもなんか違う・・・と思っていたら多読はしっくりくるでしょうね。でも、年若い中高生はそんなことないでしょ。脳が若いから、覚えるのは楽だろうし。

話があちこちしますが、英語の公開授業では、all in Englishというのがほめそやされます。最初から教職に就いた人は知りませんが、教師になる気もなく免許を取り、家庭の事情で教師になった私は、英語で授業をする、ということを考えたときに、「ええ?そんな状況で使う英語私の中にはない!」となったんですよ。小テストを各列の最後の人が集めてきなさいとか、何気なしに使っているありとあらゆる言葉、英語でなんて言うの??と。で、教師向けの本や研修会では、たとえば授業冒頭にtextのintroductionやsummarizationを口頭でするために、前の晩に原稿を書いて、暗記する、とか紹介してあったりするんです。いや、そんなこと、私には無理。かつても、今も。それにねー、文法がちがちのまだるっこしい和文英訳文を暗唱して得意になっても、生徒のためには百害あって一利なし。


でも、多読によって「生きた」英語の世界の扉が開かれると、そんな原稿暗記をしなくても少しずつそういうことができるようになる。私はそう思う。
あ、やっとコロちゃんに戻ってきた!そう、ああいうasとかに意識せずたくさん浸っている、それが英語の「筋肉」になると思う。

あー、なんだか何を言いたいんだかわからなくなりました。Just ranting. Ha ha.

かく言う私も、仕事として検定試験対策の授業をしているわけで、the blind leading the blindという気分になり、「何やってんのかなあ。」と落ち込むのはしょっちゅうです。

Mrs. Malone said...

もう、Whiskersさんたら、そそのかすの上手なんだから。自主的ノルマ英訳遊びの時間なのに、このコメント読だら、誰が返事を書かずに済ませられようか・・・。

一般(中堅?)学校の英語を考えた場合、不思議なのは、なんでそこまで受験にこだわるのかなーってこと。だって今時、塾に行かずにいい学校へ行けると思っている人、いる?これだけ塾やら英会話学校やらあるんだから、学校は基礎体力をつける場所。あとはそれぞれの目的に合わせて外でやっとくれ、でいいと思うんだけど?

逆にTOEICなんかの授業を持たされている先生ならば、授業ではTOEICに特化したことをたんたんとやり、やる気があって目的のある生徒だけに、授業外で多読をすすめたりして、さらに上を目指すようにもっていってあげればいいんじゃないかな。

結局、英語が受験から外れ、語学が選択科目にならなければ、現状を大きく変えることはできないんだから、個人で悩んだって仕方ない。なら気楽にいこうよ、先生。

あと、語学は目的もなしに生半可にやったところで、使い物になんかなりゃしない。使い物になるレベルの前には、憧れ、passion、driveなしには、オタクにならないことには飛び越えることのできない、大きな壁があると思う。なんだから、やっぱり、難しく考えないで、この本おもしろかったよ~ぐらいのノリでちょうどだと思うんだ。

(ちなみに、最後の目的もなしにやったところで身に付きはしない、という考えもS先生とは違う部分で、愛がないと言われる所以ですね^^;)

Whiskers said...

Stalker Whiskersです。
そ~か~、個人で悩んだってしょうがない、か~。なるほど。私ってばすぐに世界を背負って立ってしまうもので・・・。誰にも頼まれてないのに。一教師としてemmie-sanの意見に反応してしまった。
他の教師も、同様ですぐに背負ってしまうのかも。単なる競争心、成果主義というのもあると思うし。

さて。sさんの「愛がない」発言ですが・・・。それは誰に対して?

これまでの経過がよくわからないもので。

漠然とsさんはemmie-sanに多くのタドキストにとってのpeer-modelとして先頭を走ってほしいのかなあと思いましたが。

Mrs. Malone said...

どもども、Whiskers-san,

新しいキンドルは、どれもこれも日本では購入むりのようですね。でも生産が追い付けば、海外へも売るんじゃないかな。なので、ebook readerを試してみたい、ということなら何でもいいから買ってみる。kindle2を使い続けている人も多いし、kindle3なら何の問題なく読書できます。kindleばかりでなく、バーンズノーブルが出しているnookを買う人だっていますよ。

さて、giggle giggle しながら書いてるんですよと前置きしておいて(^.^)・・・ 愛がないって言われたのは私です。なぜかというと、modelといった役割を期待されても、(しょせん私はoddballですから)ついてくる人はそういないし、自主的についてくるわけじゃない人にまでアドバイスする気はないって言ったから、たぶん。
(私はもう付き合いが長いので、罵詈雑言でもこうやってネタにして遊びますが、中には傷ついて多読から離れていく人もいるんですよ。なので気を付けてもらいたいなーと思ってみたりする。)

Whiskers said...

Hmmm...当初の計画通り、Kindle3を買おうかな。身近に使ってる方もおられるので、教えてもらえそうだし。:)

えーと、誰に対する愛がないんですかね?他のタドキスト???

普通自主的についてくる気のない人にまでアドバイスは誰もなかなかできないですよね。仕事ならやらなくてはいけないことだけど。

Mrs. Malone said...

誰に対してというよりも、
指導者のMLも抜けたし、先生の集まりにももう出ないし、多読フォーラムにも今は入るつもりないしと、loner化を進めているので、周りをほって一人で楽しんでばっかり、愛がない、となったのかと思いますよ。
先生はとっては、英語に特別興味があるわけでもない大学生を粘り強く指導したり、伸び悩む社会人の相談にのったり、そういうことが愛なんでしょうね。私に言わせれば、その大半がおせっかい、手をかけすぎ。
ね、やっぱり冷たい奴だヽ(^。^)ノ

Whiskers said...

G'morning, emmie-san!
It seems you have already been actively twittering. You must be an early bird!

「愛がない」論議はこれで最後にしますが・・・。
なんとなくわかったような気がしますが、ここで私の解釈を書くと、また始まってしまうので、書きません。
でも、emmie-sanには愛はあると思うよ!こんなにたくさんの情報を、ここにこんなのがあるよ!って発信してるじゃないですか。
で、「愛はある」「これが愛だ」ってことで。;)