Jul 7, 2011

tadoku community in goodreadsのdescription

勢いで立ち上げてしまったgoodreadsの多読コミュニティー
(仮)のdescriptionのままなのに、メンバーは30人を超えました^^;;;
半数ぐらいが海外の方でしょうか。

さすがにいつまでも(仮)はまずいだろうと、ただいまdescriptionを作成中。
moderatorsさんに意見をもらい、こんなものになってきた。

<多 many + 読 read = 多読 TADOKU for language learning>

読んで、よんで、そしてまた読んで、その先に見えてくるものは?
We read, read, and read!
What are we going to come to see, then?

タドキストが本を読む時は:
Tadokers, tadoku doers, read books like:

■ 知らない単語が出てきても、辞書は引かない
たくさん読みたいから
Put dictionaries on leave, and skip unfamiliar words.
To read as many books as you like.  

■ target languageの本に、どっぷり浸るよ 
その言葉のままに感じたいから
Dip yourself in books of target languages.
To feel and treasure them.

■ やさしい本や絵本も、たくさん読むよ
心で言葉を感じたいから 
We read not only books for grown-ups, but picture books and books for children.
To feel nature of the target languages.

■ 絵本、マンガ、ゲーム、なんだって読むよ
楽しくて、たくさん読んでしまうから
Read anything you like, picture books, manga, games, and whatever!
To enjoy the process of learning itself to the gills!

多読を通して、自分なりの学びの姿を見つけてみませんか?
Come join us and seek for your own way of language learning through tadoku!
----------
多読と一口に言っても志向するところは様々。
みなさんにとっての多読は?

No comments: