Jan 10, 2011

I'm all for his argument!

テレビで見たことあるような・・・Gregory Clark さんのページに、こんな意見がありました。

What's wrong with the way Engish is taught in Japan.
日本の英語教育は何がまちがっているのか

あの大学にも関わっていらっしゃるんですね。
そりゃあ画期的なことができるわけだ。
”6. Akita International University
One hope, I thought, would be my involvement with the new university in Akita(Kokusai Kyoyo Daigaku) I mentioned earlier. ”
ずっとスクロールダウンしていくと出てきます。

---------------------------------------
(ところで、昨日のオフ会で、
これって光栄なことなのか?解釈のし方によっては、最大限にけなされたともとれるが?、
涙を流して大笑いしたこと・・・。
S先生やオフに集まった仲間によると、
私の英語や多読への姿勢は、客車を忘れた機関車なんだそう。
後ろに続くべき客車のことは忘れてしまって、
シュッポシュッポ、どんどん先に行ってしまうと。

まあね自覚はあります。だから周りの人をoffendしないように、
掲示板のようなpublicな場所にはあまり書かないようにして、
ブログで言いたい放題している。

なのですが、本音では機関車並みのmotivationなくして、
使える!と実感できるようなレベルの英語を習得することなんて、不可能だと思うんですよね。
実際、私の知る範囲で、この人の英語は違うな、テストの点なんか問題じゃないレベルだと感じられる人は、この学習方法は、多読はいいのだろうか、なんて人の意見を待たず、
英語の音をまねっこして楽しんだり、映画を見まくったり、ガンガン本を読んだりということを、
あたりまえのこととしてやっているものです。違うかな?

きっとこのブログを時々読まれる人にも、
tank engine?locomotive型の人が多いと思うんだよな。)

9 comments:

雫 said...

昨日見に行ったレイトショーが"Unstoppable"でした。機関士のいない貨物列車が暴走するという…。
多読はあるところまでは読めるように引っ張っていってくれると思います。でもそこから自分が自分をどうするかは自由だと思います。自由すぎて見えないところも多いんだろうけど。やれること・やることの選択肢も増える分失敗だってするかもしれない。でもそういう経験は失敗にならないんですよねぇ。人のやっていることだけに従うと「このせいでダメだった」的な発想ばっかり続いてしまっていつの間にか「学習方法を探す旅」にすり替わりそうです。暴走だろうが鈍行だろうが自分が走り続けるきっかけは多読に大いにあるとうことかなぁ。
私はおとなしく鈍行の電車~♪emmieさんはある地下鉄だとおもう~♪

sloppie said...

雫さん、こんにちは!
し、雫さんが…鈍行ですか…っ!?(疑いのまなざし)
爆笑しました。ええ、ほんとに。

わたしが知り合ったtadokistたちは、びっくりするくらい突っ走るかたばかりです。
機関車どころか、新幹線にリニアモーターカーに、銀河鉄道に…。

わたしはのんびり徒歩でいくよーっ。
たぶん。
sloppie @emmie's den

Mrs. Malone said...

So, I think I'm safe to say that it was everyone, Shizuku, Sakai, and all the tadokists in the off-meeting, who was pretty much unstoppable yesterday!

今日はsloppieさんが遊びに来ていたんですが、雫さんのコメント(そして、個人情報が含まれているので表示できないのですが、whiskersさんも、つっこみ?コメントくださっていて)また泣き笑いしましたよ。

ほんとにねえ、18kindleを持ち歩くタドキストは、地下鉄、それも一番深く潜っているらしい大江戸線あたりか。

擬人化よろしく、タドキスト擬乗り物化してみると面白いかも・・・

sloppie said...

emmieさん、こんにちはっ。
ブログがさだまらないという理由でここに書いてもいいかな?

When Mr Sakai said that critical(?)but funny comment on you, in his mind I might be one of them who happened to get in your train. But I know you never forced me to do so. I myself get interested in your idea whenever you set incredible fire works, and it's just because they look and sound so fantastic to me. So you don't have to care (that much)the people on your train because if they cannot enjoy themselves in it, they can get off of it.

なーんちゃって。「あれだけ叱っておいてなにをいうか」とお思いでしょーか。ま、それはそれ。
正直にいうと、機関車であれなんであれ、自分がそのひとりに数えられるとはこれっぽちも想像していなかったのでオドロキでしたよ。
あとさ、突っ走る人は最初から突っ走る傾向にあるか、その要素をちらちらとかいま見せてる気がしますね。Hさんとかね。それで、そういう人に出会うとまたすっごく楽しいなー、って思うのでした。
長々、失礼。

雫 said...

大江戸線、素敵な例えです(笑)地下深く通っておりますからね。
私は…何だろうなぁ。線で例えられないんだけど、自分の読書スタイルから"The train which goes back and forth in the times"かな。和書も洋書も時代があれこれだから。
あれ、もしかしてわしってばTime machine??
電車じゃないんだけど(笑)
whiskersさんのオフ行きたいなぁ。PBのお話もしたいし!ちょっとね、旦那の実家に帰らなければならないかもしれないので、わかり次第、ちゃんと表明します!

Anonymous said...

I'm Hidy. Might "H" be me, sloppie-san? :-) This is my first post here. The 2010 was very exciting year to me because I met tadoku and wonderful tadokists. And this year must be more!I think it's really important to express our ideas in English and read and listen to others' ideas. Without doing this, we never learn it because English is just a means of communication. But many learners don't try to express their ideas in English. They may think learning English itself is their destination. They've never changed since they were students. Thank you very much for telling me great and helpful books and websites. I began keeping a diary on lang-8 yesterday and make my account on wordpress. I'll let you know when it's ready.

三日坊主になるかもしれませんが、のんびりがんばります。

Mrs. Malone said...

sloppieさん&雫さん

お二人とも、ご自身のことをよくわかっていらっしゃる。
そうですよ、sloppieさん、I've never ever forced you to do something. でございます。(you sure? I recall, once or twice, I kind of begged you to do something bothersome like taking a picture with fabulous actors for me... hehe)

sloppieさんと、いろんなタドキストさんの姿を想像して、あの人?は銀河鉄道だとか、雫さんが鈍行なら私たちは歩行者じゃん!なんて笑ったのですが、なんと!?雫さんはvehicleの範疇には収まらないと(爆LOL爆)うーん、これも4コマ漫画にすると面白そうじゃない、sloppieさん??
Whiskersさん歓迎オフは、吉祥寺でどうでしょう?

sloppie said...

…前言撤回したくなってきた。Yes,it is always you who tease and cheat on me. You are mean enough to lead me and make me clime up the ladder, which has the name of "fireworks", and when I get higher to reach the upper floor, suddenly you take away the ladder and are gone with it in order to set it to another place.Then you call me out again,smiling,"Hey, there's something interesting here! Why don't you come and join,sloppie?" Those words of yours are the spell for me to make the same mistake again, and the most scary thing about it is no one can refuse the sweet smell of your dangerous, weird, spooky magic!

Howdy,Hidy! Of course, it is you I was talking about on my previous comment.Glad to meet you here too.

BTW,わたしも何か乗り物になりたくなってきたなぁ。なんだろう。自分をわかってる、って大嘘。なーんも。バランスの悪い自転車…三輪車かなぁ。歩いているひとのほうが速い、みたいな。

Mrs. Malone said...

ugh... sloppi-san, Good morning.
I kind of started to feel guilty again after reading your comment. I'm not a witch of something, just an ordinary chubby old woman fooling and ranting around everyday, but my careless words could be magically sweet for you since we tend to enjoy the same kind of books and stories...

Anyway! My sweet words and pushy attitude turned out to be useful this time and we have this wonderful, fabulously intriguing newbie, Hidy-san, in our tadoku society, isn't is great!?
Let's have an extremely fun time together!

ねね、Hidyさんの新しいブログのお知らせ来たら、二人で邪魔しに行こうぜ! yeah!