Jul 23, 2010

書くほうも記録してみようか・・・ tasho?

ふと、思いついて。
絶対続かないだろうけど、
多書も記録してみると、何年後かに振り返ったとき、面白いかも。
tadoku.orgに報告されている方、ありましたよね。

All right, an idea sparked in my mind right now, and it must be high time for me to start a new challenge, keeping a record of the English words I wrote on the blog and other places.
I don't need a precise number, just a vague one is enough, so it won't be difficult.
For example, in this blog screen, one line can contain 20 or so words, so I've wrote about 100 words in here now....
Well, I feel like being Peter again, meaning I'm talking tall...

writing : 100 words

11 comments:

ひまぞ said...

半年前から韓国語を習い始めて、書きたい気持ちになってきたのでブログをつけ始めました。単語は辞書でいけるのだけれど、持ち札の文法がごくごく初歩なので、難しいことはなかなか書けません。でも楽しい♪

先生が「添削してあげようか?」と原稿を見て訊いてくれたのですが、振り返って笑いたいからこのままでいいですと開き直っています。っていうか、添削してもらってたら更新が滞ってしまいます。(笑)

楽しく多書していきましょうね~。

Mrs. Malone said...

語学学習って、どこを目指すのかによって、その取り組み方も違って当然。
なのに日本人って、なんでも最初っから、全力投球になりがちですよね。
添削は、必要なときだけでいいんじゃないかな。だって、添削されたものって、もう自分の文章じゃないもん。

私は、日本人の中では、どうしても”枷”を完全にはずすことができない。なので、いろんな国の人が集まる場所で、英語書くほうがが、性に合ってるなーって感じます。
誤解が生じたり、まま、いろいろありますけど、それもお楽しみの一環^^;

多書仲間がいると思うと、うれしいな。
気楽に楽しく参りましょう~

ひまぞ said...

SSSの掲示板にTOEICの点について思うことを書いたのですが、TOEICも試験も私は否定派じゃないし楽しんで受けたこともあるんだけど、今必要じゃないのなら別に受けなくてもいいのでは?と言うと否定にしか取られないのって、さびしいな~って思います。
同じ語学学習でも、たとえばイタリア語を学んでいる人は次の旅行のためとかナンパされたいからとか、韓国語なら○○(歌手やら俳優)に愛を告白したいとか、ドイツ語ならオペラを歌いたいとか、他人が聞いたら笑っちゃうようなことだけれどすごく具体的に目的をもっていて、その目的にそぐわないと思うことは取り合えずそっちのけだったりします。楽しそうだし、ぐんぐん上達していくし。いずれ違う目的ができたら、それに見合う方法を探せばいいのにって思います。

最初から全力投球で完全主義だと、結局はやれなかったという挫折やら、やらないという諦めかになりそうな気がするんですけれどね・・・。自分で○×の二者択一にあえて狭めなくてもいいのに。

人と足並み揃えて出る杭打たれる日本人の中では、枷をはめることこそが社会人への第一歩のようなところがあるし、emmieさんだけじゃなくってみんなどこか窮屈さを感じているんじゃないのかと思うんです。人格が変わるっていうのではなくって、言語によって表現しやすさが違ったり、文化や習慣の差で同じものが違ってみえたりとかって、すごくおもしろいと思う。日本人同士だと誤解なのか拒否なのかわからないことも多いけど、外国人同士だとはっきり意思表示し合わないとわからないというのもおもしろいと思う。

今月夏休みを取ってツアーに参加してきたので、お暇なときにでも私のブログみてみてくださいな。スライドショーにすると下手な写真でもきれいにみえる! ではでは~。Happy blogging!

ひまぞ said...

コメント長いと拒否されちゃうのね・・・。そして消えた。(悲)

全力投球で完璧主義だと、まず成功することはなくて、挫折か諦めかになりそうです。何もそんなハードルを、自分に要求しなくても・・・と思うのですけれどね。

同じ語学学習でも、イタリア語だと旅行かナンパ、韓国語だと俳優や歌手のおっかけ、ドイツ語だとオペラとか、他人からみると笑っちゃうような理由(目的)なんだけれど、とても具体的だから達成可能だし進歩の度合いもよくわかります。先生方はまんべんなく教えようとするのですが、本人が必要性を感じないのでマイウエイです。(笑)

英語もそんな風に、具体的目的があると無駄に悩まないで済むように思います。個人的にはTOEIC高得点とかの目標もいいと思う。目標だけは自分が決めないと。

毎朝起きて仕事に行く、嫌な仕事でも無断でなげださないなど、枷にはまれることが日本での社会性の第一歩のようなところがあるので、emmieさんに限らず窮屈さを覚えている人は多いと思います。外国語というexcuseがある方が、人間関係がシンプルで気楽だな~と思うこともあります。

ではでは~。Happy Tasho !

Mrs. Malone said...

ひまぞさん、コメントが途中で消えたんですね。再度書き込み、お手数をおかけしました・・・

SSSのサイトは、読んだ後、劣等感にさいなまれる?ので、あまり近寄らないようにしています。tadoku.orgのほうでも、TOEICのことがブログになっていましたが・・・
私はTOEICでわかるのは、英語力よりも要領のよさだと思っています。だいたいTOEICの高得点とれたからって、日本を出たら、なんもできやしません。本当に英語が出来る人なら、あの延々と続く、意味の無いメールの文章読んだりすることに、耐えられないでしょう。
会社でTOEICを導入するのは、まあわかります。例えば、年齢、経験にみあったポジションが足りないときに、TOEICで何点以上でないと、部長にはなれませんー、とかしておけば、人事が楽とかー^^;
でもね、学校でTOEIC受けさせるのってね、どうなんでしょう。私なら、この程度の学校かーって、失望するけどなー。他にいくらでも外部試験あるでしょうに、と。
あら、なぜかTOEICのことになっちゃった。

ひまぞ said...

「TOEIC高得点=英語ができる」ではないことに、もうそろそろみんな気づいてもいいのにな~と思います。少なくとも使える英語を身につけたいと思っている人が多い(であろう)多読サイトでは・・・。ただ日本企業への就職ではアピールポイントであることは否定をしませんし、そこは有効活用するべきとは思うんです。点数だけアピールするTOEICなら、要領よくポイントを押さえて高得点しておけばいいと思います。そういう意味で学校で団体割引を使って受けさせるのも、ありだろうなと思います。でも仕事や交流で使える英語を身につけたいと思う人の目標や勉強法がTOEICというのは、全くもってナンセンスです。韓国では書類選考時にTOEIC点をみますが、面接は英語試問なのだそう。だからTOEIC高得点を取って書類を出してから、英語を使えるようにと留学するのです。日本は韓国に何歩も遅れを取ってますよね。

ひまぞ said...

emmieさんは、外国語で記事を書く内容を何にしていますか~? 私は韓国語は食べ物日記で、英語はレッスンの中で先生に訊かれた内容から思いついた事が多いです。教えてあげたいけどよく知らない日本のこととか、調べてみるととてもおもしろいです。
英語を始めてから人生が変わったなぁ~と思うのは、異文化や異なる言語体系を通して、周りに以前からあったのだけれど自分では気づけなかったこととか、思考言語を変えることで違う視点から物事を表現できるようになったことです。外国語の方が奥が深くて摩訶不思議なので、下手なスピリチュアルに興味がもてません。(笑)
さて旅日記の続きを書こうっと。

Mrs. Malone said...

ひまぞんさん、どうもです。
そうか、韓国でもTOEICを使うのですね。知らなかった。韓国の人は、日本人よりはるかに積極的、恥ずかしがらずに意見を言える人が多かったから、現地に行けば伸びやすいかなー

さて、ブログに何を書いているの?ですが・・・
ブログは複数持っていまして、
(でもって、どのブログも、読者の方をあまり想定しておらず、自分のためにつけているのですが)

・これは正体がばれてもいいように書いている、覚書ブログ。テーマは、なし^^;
(あきっぽいので、一つに決めても続かない)

・正体を隠して書いてる、英語のブログ2つ
(同じ記事を、Livejournal(海外のオタクと交流しやすい)と、控えブログの二つに書いている。)

・若い人に多読が広がるといいなとはじめた(は、建前で、とある俳優さんのブログが簡単に読めるから)Ameba。記事はこのブログとほぼ一緒。

・同じ趣味をもつoTadokistさんと書いてる
Ameba。

と、ありまして、
一番活発に動いている英語オンリーで書いているブログは、公の場では語れないこと、やっております・・・。

えー、何をやっているのか、もーしかしたらご存知かもしれませんが、直接お会いできるタドキストさんにだけ、ばらしてます^^;
ある日本の情報を発信しているのですが、他にやっている日本人がいないようなので、世界各国の人から、コメントもらったり励まされたり。お茶の間でお菓子をほおばりながら、なんとグローバルなことができちゃうんでしょう、です。

とまあいろいろやっているもので、日本人英語学習者、先生、とは話がかみ合わず、ちょっと寂しい。というか、日本人の間で英語の話しをすると、必ずdiscouragedされるので、近寄らないようにしてるかな。
こんなとこです。なんか返事になっていませんが・・・

ひまぞ said...

ふむふむ~。emmieさん、なんかいろいろやってますね~。世界に発信できる趣味があるなんてすごーい。私はつまんない人間なうえに出不精なので、半径1m以内で思考しています。あ、でも半径2mでエッセイも小説も書いてしまう、しをんさんという偉人もいるか~。

TOEICのこと、杏樹さんも私もSSS掲示板でうまく表現できなかったのですが、言いたいことはまりあさんが分かりやすくきっちり書いてくれていました。漠然とできるようになったらいいな~と英語を始めて、それを使う場所がないとなると、テストに走っちゃうのかな~とか思っちゃいました。なら、英語を使って何かすればいいのに~と思うのですが、日本人って恥ずかしがりやなのか完璧主義だからなのか、まだそんなレベルじゃないとか言って遠慮しますよね・・・。もったいない。著作権の問題があるからそのまま翻訳は無理かもだけど、アニメや漫画の最新刊のあらすじを書くとかしたら、世界のアニメオタクが喜びそうなものなのに。

と偉そうなことを書きましたが、私の英語はただの趣味です。語学にこそ神様がいるとスピリチュアルを堪能しています。あとは英会話教室とかで外国人講師の生活の相談とかかな~。名古屋だと他に聞く人もいるけれど、地方の田舎だと生活の細かい所でわからないことたくさんありますもんね。私もカナダでいろいろお世話になったので、その恩返しをば。

英語を使おうと思うと、完璧さではなくて反応のよさの方が必要になってきます。日本語なら内容が合っていれば表現方法で訂正されることはまずないのに、英語ってある表現以外はすべて間違いにされちゃいますよね? 表現のバリエーション以前に、相手に何を伝えたくてその言葉を発しているのかという、根本からして評価する先生がわかっていないのかも・・・? 評価する方も辛いのかもしれませんね・・・。

Mrs. Malone said...

ひまぞさーん・・・
コメント中央部を読んだとき、背後にひまぞさんの、気、を感じました!? 私の場合、女性otakuさんに喜んでいただいてます。

ひまぞさんは、杏樹さんと親しいのかな。いつも自分がモヤモヤ考えていることを、ズバッと書いてくださる。

英語を使うという点では、perfectionismが、最大のobstacle、可能性を阻んでいると思います。でも、日本の学校で学ぶのは、阻害要因ばかり。英語を実際にいろんな場面で使ったことのある、経験豊かな先生が増えてこない限り、ここは乗り越えられないでしょうね。

あはは、バリエーションですね。あるタドキストさんが海外の人とやり取りされるのを見て考えたのですが、別に決まった言い回し、正確さばかりを追うのではなく、英語を第二言語として使う人間ならではの、日本人ならではの、表現、響きのある英語を使うのもありじゃないかな。しょせん違った文化圏に住む人間同士、理解しあうのは難しいんだから。

わー途中ですが、今から実家です。またー

ひまぞ said...

emmieさん、私、わかっちゃったかもしれません。笑

杏樹さんと上海に行きます。ってか、私が着いていきます。最初の頃、杏樹さんの淡々とした質問が怖かったのですが、外国人はそういえばこういう風に聞くなぁと。なんとなく察して分かったフリをしてその場が終わるのではなくって、お互いちゃんと確認して、次へ進んでいるだけです。でも私はあんなに根気がないので、2回言ってピンとこなかったら、まだその人にはinternal flamesがないんだなと話をやめてしまいます。

最近の高校生や大学生って、文章書けない子多いんですよ。レポート添削してる友達のを見せてもらったんですが、漢字が間違ってるとか、口語で書いているのならまだ理解の範疇だけれど全く意味不明。あんな日本語でOKなら、英語の敷居もすごく低くなっているんじゃないのかな?

韓国語と日本語ってすごく似てるから、お互いの英語にはない、発想による造語は、よく分かります。日常の母国語も日々変化していて、今年の流行語なんてのもあるんだから、イメージしやすかったら造語で置き換えるのもアリだと思う。日本語が逆輸入してる単語も多いんだしね~。私はぜひぜひ、recycled lunch(残り物お弁当のこと)を定着させたいです。笑 いってらっしゃーい。