May 6, 2010

なぜ?

Tadoku.org に Kaufmannさんと酒井先生の対話がのっていました。
(I'm a frequent reader of Tadokul.org site. The owner of site is Prof. Sakai and he's an advocate of a new approach of language learning called Tadoku in Japan.
Today's blog topic was about a discussion between Mr. Kaufmann and Mr. Sakai.)

Discussion: a welcome change to English learning in Japan

Tadokuが海外に知られること自体は、大歓迎です。
(I'm quite pleased to see Tadoku has started to be known to the wider world by now, but...)

でもー
Kaufmannさんのサイトはずっと以前から知っています。
それが、なぜ、今、酒井先生と?
だって、根本的に、相反するものじゃないの??
(I'd been following Mr. Kufmann's site for some time once.
Then, I don't know why Mr. Sakai thought there was something to do with their approaches.
I think their approaches toward acquiring languages are quite different, almost opposite.)

私の中では、
(In my opinion,)

Tadoku の真価がわかるのは、”learner であることやめた時”
(Tadoku, in a way, tells you to "relax and stop being an intensive learner, and you'll come to grab the misty of language acquisition.)

でも、Kaufmannさんが提唱しているは、”よき learner たれ!”みたいな・・・
(On the other hand, my understanding of Mr. Kaufmann's approach is that "Always strive to be a good learner.)

???

(あ、学ぶことが悪だなんて言ってるわけじゃないですよ。)
((I'm not saying learning is no good, but I believe learning should come naturally and eventually along with your motivation, interests and needs. When you need to encourage yourself consciously to be a good learner, then you are not learning at its best.)

5 comments:

Wintersweet said...

Kaufmannさんがだれなのか分かるのに、以下では分からなですが... I wish my Japanese were better.

Mrs. Malone said...

Sorry, when I write in Japanese, I'm only conscious of Japanese friends, especially who follows Tadoku.org site, so this post was short of explanations.

Oh, your Japanese works quite well, see?

少し、英語の説明explanationを、加えてadded みました^^

Wintersweet said...

Oh! 私のことは心配しんだいでくさい!でも、本当にありがとう! Well, I'm not sure I really understand Mr. K's approach, but he does seem to emphasize motivation/interest, and really does not like memorization or grammar study. So extensive reading or tadoku fits well with that way of thinking. I suspect he views ER or tadoku as one tool among many, instead of the primary method as many tadokists, Stephen Krashen, etc. do. It's the big contrast between learning and acquisition that Krashen and others have written about.

(I'm still not clear on the difference between extensive reading and tadoku--"extensive reading" dates back to at least 1919, and I think Sustained Silent Reading was first written about in an article in English in 1971. http://erfoundation.org/bib/biblioall.php?sortby=date )

Shine said...

emmie さん

shine ですが1年ぶりですが、覚えて下さっているかどうか・・・・

すごく久しぶりに BLOGにお邪魔して読ませて頂きました。酒井先生の声久しぶりに聴けて嬉しかったです。
私は昨年は多読とはまったく違うことに夢中になってたもので・・・ご無沙汰でした。

掲示板が荒れてるという噂は聞こえてきました。
emmie さんの意見に同意見ですね。
>ごく一部の英語という言葉に興味がある人、仕事で使う人、読書が趣味の人、以外には、”目的”が定まらないことには、英語が活かせる日は永遠に来ない。

知りたいことがあって、差し迫れば英語のサイトに行かざるを得ませんし、必要なツールとしてどんどん英語に触れるでしょうしね。

ただ、趣味で英語に触れることが楽しいだけなら多読を選ばなくても、他に自分にあった方法があるなら、そっちに行けばいいのにと思います。


ところで、emmie さんは 今年も授業を持ってらっしゃるということで、ご活躍のこと嬉しいです。

私も所属していた所から離れて、自分のやり方を模索しつつ 歩き始めています。

英会話 やっぱり楽しいです。

Mrs. Malone said...

Shineさん!お久しぶりです!

はい、覚えておりますとも、エネルギーあふれるShineさん!!

今年度は、週一度、酒井先生のところに、お手伝い行ってます。掲示板だけを読むと、たいへんな状況になっているように見えますが、実際のところは、特に変わりなく。先生も授業に講演会にと、忙しくされています。

残念なことですが、オフ会で直接会えるタドキストたちは、あまり公の場には書き込むことをせず、それぞれの趣味ごとにクローズドな集まりを作り、情報交換するようになりました。

多読が効果的か、英語ができるようになるか、TOEICがのびるか、みたいな夢のない話ばかりが公の場にのこり、多読・多聴の先にある楽しみは見えてこない。
なんとか方法はないか、という声もあるんですけどね、どうしたものか・・・

またSkypeで薀蓄とかに参加されませんか?
最近の様子など、聞かせてくださいね。