Mar 18, 2010

英語の語彙が増えていることに気づく瞬間

多読の掲示板で、語彙についてのやりとりがありましたが、
私はアバウトなので、さっぱり?
詰まるところ何を問題にしたいのかな??

多読で増えていく語彙っていうのは、客観的に示すのが難しいから、
実際に自分で体感するまでは、本当に増えるのかって疑問に思って当然でしょう。
かえって、多読がいいらしいよと、鵜呑みにしちゃう人のほうが、注意かな。
ちょっとまて、自分の頭で考えよう!と言ってあげたいぐらい。

ともかく、
英語の悩みは、自分で試行錯誤し、こうなりたい!と思った人のコツをさぐり、
そうした中で、Aha!体験があると、雲がはれてスッキリ!
迷いなく英語は”量”だと思えるんじゃないかな。

などと、つらつら考えていたら、来ました!Aha体験!!
忘れないように記録です。
---------------------
それはお遊び○○○○○英訳中に降ってきました。

シーン:
人付き合いのよくない主人公が、トラブルに巻き込まれる。
そもそも自分がトラブルの原因になっているにも関わらず、
相手が事をこじらせないように配慮して、
「さっきは俺もわるかったよ、今考えれば言い過ぎた。」と言ったところに、
「そうですね」
と、返してしまう。
この場面で、効果音のように出てきたのが・・・

”あっさり”

英訳していて何が大変って、こういう何でもない一言。
はあ~、あっさり、かよおおお・・・と、天井を仰いでいたら、
!?落ちてきた、それは・・・

"blunt"

多読で身についた言葉って、
浮かんできた、降ってきた、落ちてきた、と表現するとピッタリ。

が、が、この落ちてきた段階では、私はbluntの意味、わかっていないのです。
つまり、bluntを日本語に置き換えること、できないのです。

こういう場合、ブログ書いてるときみたいに、間違っても何の問題もない?時は、
そのまま使って、スルーします。確認しません。
またそのうちどこかで出会って、心配しなくても意味は明確になってくるから。
(なので、私の英語を読むときはスルーでよろしく。)

でも今回は、正確さが要求されることなので、
辞書で確認すると・・・あらーぴったんこ。
--------------------

とまあ、日本語におさらばし、プライドを横に置き、謙虚に、
unlearnしていくことで、
これまでの知識が無になってしまうような感覚におそわれても恐れず、
英語にたっぷり浸かるようにしていると、
上記のようなAha!体験が訪れるのではないかと思います。
こういう時って、脳みその中でなんちゃレナリンみたいなのが、
どひゃーと出てるんだろうな。
だって多読って中毒になりやすいでしょ・・・

No comments: