Jan 12, 2010

Audiobook と DramaCD

トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD]
トワイライト~初恋~ スタンダード・エディション [DVD] 某タドキストさんも楽しまれている、こちら、今AudioCDで聞いていますが。
I visited one of tadokist's blogs and found she's also enjoying this story in a book. I've been listening to it, but...
うーん、単調です。
It's not so much fun...
このところ日本のDramaCDを聞くようになったので、比べてしまうのですよねー。
Since I started to enjoy Japanese DramaCd, I can't help comparing audiobook and DramaCD.
Twilightは女性の一人語り。
Twilight is recorded by a woman.
なので、男性のしゃべりには、低く控えめな声を使っているんですが、
She uses her low and suppressed voice for acting a man,
これが常にどよ~んとくらく。しんみりもワクワクも、みな、お・な・じ^^; なんだかなーです。
and it sounds always tiresome and dark. I can't tell just with her voice if the scene is happy or sad. It's not fun.
Seiyuuファンって、海外にもたくさんいるようなんですが、声がすてきだからといって、なんでわざわざ理解できもしない日本語を聞くのだろうかと不思議でした。
There seem to be quite a number of Seiyuu fans abroad and I didn't understand why they were so eager to listen to Japanese voice actors when they couldn't understand Japanese.
でも、Audiobookと、日本のDramaCD比べたら、その気持ちがよくわかる・・・
Now, I can see why. Once you compare audiobook and DramaCD, DramaCD is much more fun than audiobook.
あ、でもお次はけっこう楽しい。
Well, then, the next audiobook was not bad at all.
Charlie and The Chocolate Factory CD
Charlie and The Chocolate Factory CD
これは男性の朗読です。どちらかというと高めの声が好きなんですよね、だからNateの朗読も好き。
It's done by male voice. I prefer high pitched voice than manly voice. Oh, maybe I like this reading only because I prefer men's voice...
---------------
今日は、日本語で書いてから英語にしてみたけれど、お遊び英訳を続けているせいか、この程度の文章なら、簡単に英語にできるようになってきた。(えっと、正しいかどうかなんて、解析なしよ、遊びだから)。日本語で考えていることが伝わらない、というストレスもかなり減った。亀さんの歩みですが、続けているとやっぱり違ってくるものです。

No comments: