Nov 3, 2009

自分の感受性くらい / 茨木のり子

酒井先生のブログ記事、英語育児はいかがなものかを読んで。
先生、子どもと英語楽しんでいるお母さんには、非常に厳しいことを言われることがあります。
そういう時は、それをひとまず素直に受け取って、自分の育児を振り返る機会にすればいいわけですが、中には反感を持たれる方も多いよう。ただ、先生のwhat(話の内容)じゃなくてhow(言い方)がいけない時もある。横で話されているの聞いていて、ヒヤヒヤしたこともあったな。

で、ブログの中、私も先生と同じように、よい子ちゃんというのが、どうなんだろうと。
(わが子が、よい子ちゃんにはなってくれない、ひがみだったりもする。はは)

「お母さんの思うとおりになっていることがいちばんの問題かもしれませんよ。今後もお母さんが自分の思うとおりに(ときには自分の夢をこどもが達成してくれると)思い込むこと、これがいちばん心配です」

英語育児に過度にはまってしまうお母さんには、ほどほどの高学歴で向上心が強く、結婚まではやりがいのある仕事をしていたが、出産を機に社会の一線から離れ、社会的に評価されることのない育児を続ける中で、自分の満たされていない部分を、子どもで満たそうとしているケースも多いかも。

次は、冷蔵庫にはっつけている詩。自分のエゴを子どもに押し付けているなって感じたときに読む。

自分の感受性くらい / 茨木のり子

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難かしくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

あまり叱られた経験がないからなのか、最後がうれしい。

10 comments:

Whiskers said...

すばらしい詩ですね。
茨木のり子さんのお名前はよく知っていましたが、この詩は初めてでした。
ほんと、「ばかものめ」、ぐっときます。

Mrs. Malone said...

Ohhh! Whiskers-san, Glad you to come again.
よかったあ、連絡とれて。前回、お祝いのコメントをいただいたのに、あの投稿は所属がわかってしまうから、削除されたしと、タドキスト先生から指摘があったのでした。多読はビミョーな立場にあるから、火種つくらないようにというわけ。
私は、ほんの気持ち程度にしか働いていないし、とくに最近は多読から広がった趣味のせいで、オタクの傾向が強まり、時々誰かにカツをいれてもらわないと、sloppyになる一方です。

せにょ said...

ねーさん、どうも。お久にお邪魔します。

ガツンときました。

教育がうまくいかねーのは教育委員会のせいだ!多読授業がうまくいかねーのは英語教員のせいだ!中日が負けたのはナベツネのせいだ!とほざいていた自分に言いたい。「ばかものめ。」

こども英語に熱心な親をバカにしながら、息子の野球のプレーや練習態度に頭にきてついつい口を出す私に言いたい。「子供の感受性くらい親が守ってやれ。ばかものめ。」

Mrs. Malone said...

はい、せにょさん。

謙遜というのは、世界では通じない、というか逆効果だとわかってきましたが、
謙虚ちゅうのは、世界共通ですかね? 

まわりを変えようとするのは無駄なこと。
一度きりの人生、自分が変わることで、周りに伝わっていく、そんなほうが後悔しないよな、と諦観の境地・・・?

Whiskers said...

I'm always checking your blog, emmie-san. I guessed the reason you erased the article. You did the right thing. I never felt hurt a bit. Don't worry!

ええと、「ばかものめ」ではなく、「ばかものよ」ですよね。
なんだか、「ばかものめ」の方が一人歩きしそうで・・・。(いや、一歩ほどでしょうけど。)そんなことになったら茨木のり子さんに申し訳ないので。

Mrs. Malone said...

Whiskers さん、こんばんは。

うわああです、せにょさんに伝えねば^^;ありがとうございました!!!
そもそも詩をブログに書いてしまうの、著作権違反になるような・・・また、削除してたら、ごめんなさい・・・
最近、別ブログ、Livejournal でやっている裏活動が忙しいので、このブログはスローペースになります。裏活動のほうでは、英語の勉強になることたくさんあって、話題にしたいところですが、表にはどうも出しにくい。

chico said...

Hi, long time no communication! hahaha
Lately I've read a book, Zero limits, which is about Ho'oponopono, the anciant Hawaiian philosophy. I like the simple idea of living. It is basically saying the same thing: whatever you do is your responsibility not anyone else's. It also tought me how to live joyfully with four simple phrases: I'm sorry, Forgive me, Thank you, I love you.
If you know those phrases in any language, you might survive anywhere quite happily I think.
Cheers mate!
Happy life!
chico

Anonymous said...

emmie-san
間違えたのは私ですよ!

何であれ、夢中になれるものがあるというのは強いですよねー。その血をお嬢さんもしっかり受け継いでいる??

Mrs. Malone said...

Hi Hi Hi Chico-san!
Looong time no see. I've been following your diary and thinking you're heading for somewhere misterious again. he he
and it's so late to say, but congratulations for the second year of English diary. It's wonderful to read some meaningful words time to time in your diary.
I've started lately quite delirious? challenge of J-E translation. It gives me good oppotunities to think about the appropriate way of English communication with people from different non-English speaking countries.
Are you coming to FUCHUU-OFF next sunday?
see you!

Mrs. Malone said...

Whiskersさん、どうも。
あはは、最初にいただいたコメント読み返したら、わかりましたよ。
私はもうしょっちゅうこういう類のミスをやらかすので、まずは自分を疑う習性が・・・
おかげさまで、別の箇所、”気難しく”を”気難かしく”に訂正できました。^^
娘の夢中は、ほんと夢の中になってしまうので、先日も酒井先生に、社会でやっていくのは難しそうだねえ、大学院まで行くかもねー、といわれてしまいました。とほほ・・・