Jun 29, 2009

感覚的にわかる、続き

学校英語の中にいると、先生と呼ばれる自分が、とても恥ずかしい。
だって、私の英語は感覚だけ。
多読すると、ますます感覚頼みになるから、お勉強英語がわからない。
でも、先日のTOEICの結果が出て、920点なぜか文法にいたっては100%??だったので、
日本の学校でやってるぶんには、そこまで卑下することもないのか。

で、最近、自分に教科書の授業ができるだろうかと、授業見学して、
ドツボにはまっているのですが。

例えば授業見学で出てきた次の文章、さらっと読めば、慣れている人には、
なんということもないと思いますが・・・

(偽札をなくすために、何か対策を打たなければという流れで)
Steps are finally being taken to stop the people...

授業では次のように説明されました。
are being - be + 現在分詞(進行形)
being taken - be + 過去分詞
finally - 副詞

本当に、こう説明されると、わかりません・・・
だって、動詞みたいなの3つあることになるし、
be動詞が2つか?
Stepsって、生徒には階段かも、
なんでfinallyはこの位置なんだ?とかなって、
なんて難しいんだろう、英語は、となります。
でもですね、生徒によっては、こういう解説してくれる先生が、いい先生だったりするわけです。

タドキストさんがおっしゃるように、
”多読や多聴、または、会話での様々な情報から得る「感覚」の累積で、文法やら単語
に頼る理解が不必要であれば、使わなくなると思います。”
そうですよねー、だけど、そもそもが点数だけのために英語を学んでいる高校生には、
累積なんて望めない、だから分析して、わかったつもりにさせる!しか方法がないというのが、
高校英語なんだろうなと。

いくら多読がいいといっても、ほどほど多読
(100万にも満たない多読や、話に入り込むまでいかない、ぼんやり多読)
だけでは、受験や資格試験の結果は出せない。
なら、ほどほど多読には、何をプラスすればいいんでしょう?
やっぱ、big words の暗記と構文暗記かな。

多読授業をとっている、わりと熱心な生徒には、
夏休みに読んでみればと、「ハートで感じる英文法」大西泰斗を紹介しました。
そしたら少し読んだ後で、今までこんな風に英語を捉えたことがなかったと、
何かひらめいた様子。
英文法を網羅した、何が重要なのか初心者には区別付かない解説書読んで苦しむよりは、
こんなの読むほうが、なんぼかためになるんじゃ。
ぶつぶつ

7 comments:

NEO said...

emmieさん、お久しぶり~
最近はご無沙汰ですが、掲示板等はチェックしています。
学校英語と学習について色々な意見があるけど、高校英語の文法は学べば学ぶほど苦しいみたいね。優秀な生徒は先生の話す理論を聞いて理解できる。でもこれは、少数派でしょう。このような少数派は学校英語も役に立つと思うのは当然なのだと思います。

現在、正確さの欠けた英語を話す私にとっては一生懸命学んでも分からなかった高校英語は一切役に立っていない。体験、多読によって培った感覚的な間違いだらけの英語の方が役に立っています。高校生と英語でのワークをしていると、経験を通して感覚的に分かっていた事が、ほとんど正解だった。とか、適した表現、語彙、本当のニュアンスが、ちゃんと身についているんだな~と思う事が多いです。

これって、英語で書かれたワークをするとよく分かるんだ。私は学習と言えば、英語でするのが一番と思っている。だが、これは多読が進んでいないと出来ない~。多読によって英語の文字慣れをし、ワークが苦痛に感じないようにならないと。そうなるとワークが面白くなるんですよね。

私の中では、学習したくなったら、多読→グラマーインユーズではなく、多読→ボキャブラリーインユーズです。感覚的に身についた事を明白にクリアーにしてくれます。

受験の事ですが、多読100万語でも学業が優秀な生徒は受験は問題ないと思います。でも、300万語越すと底力がついているな~と思う。私の2人の高3を見ていると、受験は決まり文句の熟語を暗記。あと、構文になるのかな? 文節を瞬時に分けて文章の一塊を把握する事。この辺だと思う。でも構文なんて勉強が苦手な生徒はしなくて良いと思う。と、いうかしても分からない場合はそこに労力を掛けず、確実なポイントを狙う為に試験に出る熟語だけ暗記で充分でない?

今のテストは長文が多いから、多読が役に立つし、リスニングはシャドーイングなど効果ある。それから簡単なQ&Aを普段からしておくとリスニングに役に立ちます。シャドーイングだけでは耳は慣れるけど、質問に対する答えまでの段階に入らないでしょ?普段から簡単な会話を口から話すが非常に大事だと思っています。

選択問題も熟語が分かっていればそれなりに解けるし、分からない問題は多読で培った感覚で直感で解く。分からない問題は時間を掛けない。分からないのだから直感を信じろと言っています。

とりあえず、そんなところかな~・
そうそう、スカプできたよね?
活字にするのってめんどーだし、肩こるし、何かあったら、スカイプで話ましょう!

Mrs. Malone said...

NEOさん、こんにちはー
えーっと、以前お会いしたときも、お美しくあられたのに、なんですって、6キロ減!!!信じられない。英語より何より、健康的なストレスの少ない暮らしですね・・・
さて、vocabulary in use アメリカのアマゾンで中を見ました。高校生にはintermediateかなあ。それとも自分用に、もひとつ上のレベルにするか。
今見てあげているお嬢さんはねえ、こういうのをしてみようという意気込みが、どうかなあ、なんです。英語が嫌いにならない程度に、多読やってみましょうか程度で引き受けたお嬢さんなので、今頃になって4大へ進みたいと言われても・・・なんです。
ああ、学校の英語ってつまらないですよねえ。今日は、MLに愚痴ったおかげで、迷いが晴れてきて、子どもの詩のCD聞いて楽しみました。英語で、感じることができるって、すばらしいですよね。

Whiskers said...

emmieさん、こんにちは!
あまりの話題の豊富さに、なかなかコメントを残せないでいますが、いつもチェックしています。

多読は入試にも資格試験にも効く!とは思うものの、魔法じゃないので、読み始めたらすぐ、というわけにはいかないし、emmieさんの言われる「ほどほど多読」「ぼんやり多読」でもなかなか・・・。
というわけで、何をドーピングすれば?ということになるわけですよね。
一番いいのは多読なのに、とわかりつつ、はがゆいですよね。

「ハートで感じる英文法」、実は何も新しいことは言ってないんですよね。説明の仕方がわかりやすいだけ。だから、それを見て生徒さんがハッとしたのなら、文法を教えている先生の工夫不足だと思います。

それにしても、TOEIC920点はすごい!emmieさん母子は多読のパワーの生き証人(?)ですね。
私も、先日の英検1級の問題を解いてみて、合格した当時(大昔)よりやさしく感じたので、絶対多読は資格試験にも効く、と確信しました。

emmieさん、多読学会には出席されませんか?今年出張の当たり年で、多読学会に出席することにしたのですが・・・。

アルムおんじ said...

こんばんは~。

私も学校で英語教えていた頃、同じことを感じていました。TOEICや英検を受けてはいましたが、問題集や参考書で勉強して受けた経験がほとんど無いので、問題は解けても、他の先生方がされていたように分詞構文をパターンごとに分類して説明するなんてことができないのです。

だいたいTOEICなんて読んで英語になっているか、なっていないかを選ぶだけだと思っていますから、文法問題はこう解く、なんて言われても???なのです。そもそもどれが文法問題かも分からない。私のスコアは900点には届かないくらいですので、990点を目指している人たちにとってみれば、「そんなことだから900点取れないんだよ」というふうにでも思えるんでしょうかね。でも900点オーバーでペーパーバックなんて読んだこと無い(読めない)人より、よっぽど英語使ってるよなぁと思います。

あ、それから私も本屋でGrammar in Use とVocabulary in Useを見比べて、Vocabulary...のほう(いちばん簡単なの)を買いました。NEOさんのコメントを読んで、やっぱりこっちでよかったなぁと改めて思った次第です。

Mrs. Malone said...

こんにちはーWhiskersさん!

学会ですね・・・、東京へ引っ越してきて、すぐ出席したんですが・・・愚痴のオンパレードだし、各先生の置かれている状況が違いすぎて、参考になることも少ないし、ちょっと気がすすまないんですよねー
ふつうのオフ会なら、いくらでも呼びかけしますよ!!
ところで、説明のわかりやすい、必要なことだけ説明してくれている、そんな参考書といったら何でしょう?高校生向け参考書って、相変わらずさっぱり理解できない、理解したいとも思わない。でも、ふつう先生しているぐらいの人なら、あれを理解した上で、英語使っているわけでしょうか。うーん。

Mrs. Malone said...

おんじさーん、こんにちは!

おんじさん、英語を教えていらっしゃったんですね。うーん、分詞構文をパターンごとに分類して・・・って何だ?・・・ingで頭でっかちの文のこと??
生徒と話していると、英語って、特別な人、よく勉強する人だけが使えるようになるもの、みたいに思っていて、慣れ、感覚だよと話しても信じてくれない。
だからといって、”先生はtoの用法わけたりとかー分詞構文って言われてもわかんないのよー”って正直に話してしまうと、今度は、勉強すればできるようになると信じている生徒に、馬鹿にされちゃうので、そう本当の姿をさらけだすわけにもいかず、ストレスがたまります。わかりあえるのは帰国子女の生徒かな。
Vocaburary in use高いですねえ。週末、紀伊国屋で中身見て決めようと思います。
ところで、夏のご予定に東京は??

Whiskers said...

emmieさん、こんにちは!
わかりやすく、必要なことだけ説明している・・・そういう観点なら、たしかに「ハート・・」かもしれませんね。普通の参考書はひたすら文法事項を羅列してありますから。

文法の理解と英語の使用(?)はつながっているかどうかは疑問です。受験勉強用の文法語法説明はやたら得意だけど、ALTとは日本語で話す、というような教師をみてきましたから。
だいたい、文法にとらわれていては、スムーズな発話ができない場合が多いですし。
文法が染みこんで(?)血となり肉となっているような方もいますが、それは相当の達人だと思います。私の知る範囲では。

実は、7月17日から20日まで東京に行くのですが・・・。電通大はお休みだし、一応娘の保護者会(いまどき大学でもあるんですよ~)なので、emmieさんと会うチャンスはなさそう。残念。滅多に東京へは行かないのですが、次の機会には是非!あれこれおしゃべりしてみたいです。