Apr 19, 2009

多読・多聴クラス、導入部分の計画

あるタドキスト先生に、多読授業関係の資料は何でもブログにと言われましたので、現時点での年間計画を。生徒の顔ぶれ見て、変更しますが。
(2時間続きの授業で、多読だけではだれてしまうので、はじめ20分程度は毎回違ったことを入れます。)
多読・多聴授業ですので、たくさん読み聞きしてほしいのはもちろんです。
なんですが、英語学習といえば教科書、単語帳、文法書しか知らない生徒に、
肩の力を抜いて英語に親しむ方法があること、英語がいつでも周りにある環境が作れること、そいうことを教えないで、週一度多読・多聴しても、将来にはつながらないよなーというのがあって、いろいろ他の方法も紹介だけはしておきます。あとは生徒次第。
(恵まれた環境で、与えられることになれた生徒たちですが、もっと自分の感覚を大切に、自分の責任で選び取るという姿勢を学ぶことも大切じゃないですかね。)
まま、てんこ盛り過ぎて生徒は戸惑う、ということもあるので、基本のやさしい本の多読・多聴を忘れずに。

【多読・多聴計画】21回分

1 自己紹介(読み聞かせ)導入(解説プリント配布)その後、全員で多読
2 聞き読みCDの導入 前でCD流し、全員で聞き読みを体験
(CDつき本数冊、一部をコピーして渡す→回収)
  その後、各自一冊ずつ聞いて、次の人に交代。残りは多読。
3 DVD(子ども向け)導入 前でDVD使ってやり方説明
  その後、1話ぐらいずつ見ては、次の人に交代。残りは多読。
4 多聴の話 iPod,パソコンサイトなど
  (プリントと雑誌にあるiPod使い方説明のコピーを渡す)
5 小テスト(読み、ORTストーリー並び替え問題?GRから内容把握問題?)
6 小テスト(聞く、ORTextended storyで内容把握問題?とGR?)
7 手がのびないシリーズ、OBWなどを、みんなで読んでみる。
  (各本の数ページをコピーして渡す→回収)
8 Manga(一部をプリントして、みんなで読んでみる)
9 シャドーイング実践 (Toad and Frog)
10テスト (夏休みの課題)

11歌 (サイトの紹介も)
12生徒による本の紹介、DVD(一般向け)導入
13生徒による本の紹介、ブログ、メールの話
14生徒による本の紹介、DVD(アニメ)
15生徒による本の紹介、Time Almanac使って、scan
16生徒による本の紹介、?
17生徒による本の紹介、? 
18生徒による本の紹介、?
19 ?
20クリスマス前?  
21テスト

No comments: