Mar 19, 2009

助動詞が適切に使えるようになると・・・

Animals Should Definitely Not Wear Clothing
Animals Should Definitely Not Wear Clothing
It's not that I intended to use English picture books thoroughly for language learning, but this book definitely shows you the subtle, but very significant, difference of the meaning of some auxiliary verbs such as would, might and could.
Neither reading small amount of English stories from textbooks nor learning English through Japanese translation or grammatical explanation would let you be able to use those helping words properly, you should be reading lots of books to understand the delicate usage and use them even unconsciously in an appropriate manner.
助動詞が意識せずとも不自由なく使えるようになると(なった気になると^^;)、英語では微妙な心持が表現できないー、というストレスから開放されるように思います。
この絵本、いろんな動物に服を着せてみては、こりゃいけません、となるのですが、
その無理でしょう~加減によって、should, would, might, couldが使い分けてあります。

えーここからはちょっとブラックに・・・
助動詞の使い分けを見ると、英語の感覚が養われているか否かが、よくわかると思うんですが。
例えば、学校で"mightはmayよりもやや可能性の低い推量”なあんて習いますよねえ。
で、こんな説明で満足している先生は、使えない先生かもな、と判断するのでした。

No comments: