Feb 19, 2009

やっぱり群がりやすいのか、日本人・・・

今日は、ウェブ世界の先端に関わっているのかな?という人が集まっているチャットルームで遊びました。(そういう場所を見つけて入っていくなんて、やっぱり私はオタクなんだろうか)
そんな場所でもお国柄というのか、日本人ってやっぱり群がりやすいのかも・・・という行動が。
7,8カ国ぐらいの人が15人ぐらい集まってチャットがすすんでいましたが、「日本人用のチャットルーム開いたからそっちへ移ろう」というメッセージが入って、みなさんそちらへ。
英語がですね障害とはいえ、英語圏ではない他の国の人でも、こういう流れになるのだろうか?

もうちょっと追加。
以前、英語を教えている人に「チャットルームで遊んだりできるような英語力のほうが、これからの学生には必要なんじゃないか」という質問をしたことがあります。
でも、高校の英語教育というのは、そもそも大学で専門書を読んだり論文を書いたりするためにあるのであって、チャットでおしゃべりができるように、というのが目的ではない。そういうことがしたい人は、各自でやればいいという返事をもらって、反論できずにいました。

でも今日のチャット体験からしても、私の考えていることが的外れだとは思えない。
今日のチャットに集まっていた日本人というのは、専門知識では英語圏の人たちに引けをとらないわけです。でも、例えばnope, tinyといった単語の意味からして?なんですね、学校英語の範疇じゃないから。で、英次郎を使って意味を調べたりしながらチャットしているようなんですが、そんなことしていたんじゃ、とうていネイティブのスピードについていけない。

もしここで、ネイティブのスピードについていけたなら、共通の趣味を持った人、同じ業種の人みたいに気になる人と、不特定多数のチャットから、今度はプライベート、一対一の会話に発展させる・・・と、いくらでも交友関係を広げることができます。

数年前までは、ネット上では一対一か一対多数という直線的な付き合いが主だったわけですが、今は横でも斜めでも網目状で交流が広がっていきます。なのに、今の日本の英語教育で、そうした交流の場に入り込んでいける若者って、たくさん出てくるのでしょうか?

大学で必要な英語って・・・
専門書は、専門知識が必要なのであって、英語の知識は中学英語レベルで十分。
レポートを書くのには、なにもネイティブが使う語彙が使えなくても、専門用語を適切に使い、やさしい言葉で正確に伝えられれば、合格点はもらえるんじゃないか。
論文になると、やさしい表現では威厳が保てない、というなら、同じ分野の友人にお願いするとか、お金払うなりして、それなりの語彙にしてもらう。
こんなのでいいんじゃないですかね?

それよりも、これから社会で働く人が必要とするのは、インプットはそれなりに語彙をふやしていかないとだめですけど、アウトプットは、ともかくスピード!(+誤解を招かない程度の正確さ、スペリングがちょっとぐらい間違っていてもいいんですよ)。速さについていけなきゃ、何もはじまらないよ、と。

No comments: