Feb 14, 2009

多読授業導入に際して

都立高校でも多読を取り入れるところが増えてきたようで、
多読指導のMLで、多読導入の話題が出ました。
でー、そっちに返事を書けばいいわけですがー、私の考えることってあまりにズレている感じがするもので、こっちでボヤイテみる・・・

多読導入というと、本の種類、並べ方、記録方法、予算等々こういう枝葉末節な話に始終していますが、
”もし、その学校の英語教員が全員同じ方向を向いているのなら”、
本を読み出す前に、すべき肝心なことがあるんじゃないか。

つまり多読授業というのは、他の授業とは違う、
生徒が主人公で先生はサポート役なんだという認識を持つ、。
自分の好みを探り、選択していくといった主体的な参加姿勢が求められているということ、
ここを生徒に自覚させないと。

学校の授業というのは、自分の好みとかは関係なく、先生が指示したように動くもの、そういう受身なものだと考えている生徒がほとんどだと思うんですよね。
英語ってことで言えば、なーんで英語っていうたくさん言語のうちの一つが、科目になっているのかなんて疑問に思うことなく、中学から必修だからやっているだけでしょう。
そいう受身な姿勢なまま、多読を進めたところで、特に高校では行き詰るの目に見えているような。

(私は少し土曜講座をさせてもらっていますが、普段は英文和訳が当然な授業を受けている生徒たちなので、あまりドラスティックなことをしゃべると、生徒が混乱してしまうといけないので、ほどほどのところでお茶を濁していますが、)

それで多読の導入時期は、まず椅子の座り方から、先生が前に立つスタイルではなく、円陣に座ってみたりして、なんで英語勉強するのか、中学で受けてきた英語勉強法はどんなものだったか、その勉強で疑問に思うことはなかった、英語が使えたらどんなことをしてみたいか、どんなことが今はできるのか、そんな話し合いの場を持って、その中から少しずつ、どうして従来の授業スタイルとは違う多読をやるのか、先生自身の体験なども交えながら話をすすめて、今までとは何かが違う!という生徒の気づきを大切にする。

それからORTですが、
(これも多読関係の集まりでは、とても声に出す勇気はございませんが・・・)
私がもし高校生で、いきなりORTを読め読めといわれたら、ぜーったいその先生のこと信頼しませんね。大人の世界にあこがれる(あ、最近はそうでもなくて、いつまでも子どもでいたい人のほうが多いか?も)年代の生徒に、ORTの無垢なファンタジーワールドって、どうよ?
ORTの価値がわかるのって、さんざん学校英語に痛めつけられ、それでも救いを求めていて、ORTの英語そのものに発見がある人か、あとは感性の豊かな人、じゃないかと思うんです。
だから、なんでORTなのか、主人公の年やお話が高校生には適切ではないかもしれないけれど、すすめるのはどうしてなのか、生徒に納得させていく努力が必要かと。それでないと、たとえ語数や冊数はこなしても、なんとなく目を通しただけ、吸収しているものは少なく、ORTから上のレベルへ上がっていくのは無理でしょう。
まあね、優秀な従順な生徒が集まる塾や学校では、読め読めでも成果上がるでしょうけれど。
(ただ、受験や試験といった外部からの働きがなくなった時に、life-long learners になるかは、疑問よね)

あ、そうそう、あと保護者にも、なんで多読なのか理解、協力してもらうこと必要なんじゃ?親が受けた英語教育と、あまりに違うんだから。

mmm, It's so warm today, isn't is still in the middle of winter?

14 comments:

牛印牛乳 said...

こんばんはー

いやー、いろいろコメントしたくなるような記事が多くてうずうずしちゃいます。

例えば、学ぶ方法の学び方とか、意味も分からずにより多く聞くのが良いとか。

この記事ですが文科省も生徒が自分で学ぶように変えましょうと言っているのに。
http://dokusyodeeigo.blog87.fc2.com/blog-entry-504.html

多読なんて指導する側の人がやったことも無いことを指導するんですから、なかなか本質はつかめないのでしょうね。
教員に英語で授業ができるように研修を受けさせると言うのなら、そのなかで300万語くらい硬軟取り混ぜて読ませてくれればと思います。"NINJA CENTER-HOLD"が分かるくらいに(笑)

やっぱ高校生向けの最強の英語教材はMANGAでしょう。文科省もお金をかけるならMANGA朗読CDを開発してくれるといいのですが。


-学ぶことの学びかた-
私は学生時代にすこし身に付けた気がします。
政府系と住民運動系で異なるデータを主張していることを知り、どちらが本当か気になるところあたりからかと思います。
いろいろなものの見方、解き方、さらに答えがひとつではないことなどを知ることが最初なんでしょうね。

-意味など考えず聞くのが良い-
これってシャドーイングをすこしやろうかなって思い始めた頃から、そうかなと思い始めました。比較的最近ですね。以前は意味が分からない英語はノイズと思っていましたが、それは頭が日本語モードだからですね。シャドーイングなんか意味も分からず繰り返すのでOKですよね。

ではまた。

chico said...

Hey! emmie. Have you found a wired e-mail from me this morning? Please ignore them. it was a very disgustingly bad joke. I realized that when i got up this morning. I'm so sorry about that.

Anyway, the book recommended on your blog is in my top 10 list of brilliant ones to read. Thanks for sharing it! It makes so much sense to me and I've started reading around to my students more. It has been so much fun and no stress at all. I do hope to motivate students to experience the pleasure of listening to stories. Like you said, motivation is an essential factor for pretty much everything. Without it, nothing works. I really do support your opinion.
In my classes, I often talk about my personal adventure or real joy of speaking English and also say English is not essentials for Japanese lives. But I personally enjoy using English to communicate with perhaps more people. Those people totally rock my world!
chico

Mrs. Malone said...

牛印牛乳さん、こんにちは!

新聞とっていないし、TVも子どもが見るアニメ以外ついていないな、という毎日なので、世間の話題にはとんと疎いのですが・・・、ダニエル・カールさんでしたっけ、最後の記事だけは図書館で読みました。
従来型の英語勉強方法ではダメだと感じている人は相当増えているんでしょうね。でも大学ってところが、社会のスピードについていけていないのか。教育関係、特にテクノロジーに強いタイプの先生が集まる英語サイトを読んでいると、日本に限らず、またどんな分野においても、大学の変革を望む意見にはよくぶつかります。

あ、なんとなく、牛印牛乳さんは、mangaはお嫌いかと思っておりました^^; mangaなんてとんでもない、という人はまだ多いですよね。英語多読授業されている先生にも、マンガというと、そんなくだらないもの、っていう感じの目で見られたことがあります。私はマンガだと、イラスト、コマわり、プロット、カジュアルな言い回し等、英語ってことだけじゃなく楽しめるし、気楽なので好きなんですけど。

ただマンガは、英語学習者にとっては難しい表現が多いですから、GRのようにシンプルな表現を使ったものになおす、または、ORTみたいに英語習得を目的に、でも本物のプロ!に作ってもらうといいのになーって思ってます。

英語の音声のことでは、英語の音やリズムを心地よい、邪魔ではないと感じる状態になってこないと、先へはすすめないんじゃないでしょうか。素地ができるというのか。あとどこまでいっても母語ではない以上、100%近い理解は望めないわけで、残りをいかに推測するか、ここが思いのほか重要ではないかと。

うーん、こんなこと考え出すと、いけません、止まりません。いいかげん家事へもどります^^;

sen~ said...

Hola, que tal? Gracias for answering me, jaja.

Well, you said 本を読み出す前に、すべき肝心なことがあるんじゃないか...

I totally agree. This can be said not just to English education. At school, or anywhere else, the biggest problem of japanese kids is this "passiveness." But that's not their fault, I guess. We, parents, and teachers or all the adults, force them to be passive, 'cuz it's much easier for us to control children...

But if you are passive, you can't learn anything. Nothing at all, if it's english, math, or sports or music.

As a teacher, i hate helping those "passive-attitude" students. In my experience, those "passive" students are indeed very demanding. When they have a problem, they say, "your teaching is bad, school is bad, my parents are bad....." Well, i sometimes told them, "OK. I understand. But how could you live after your parents die? After you graduate? Can you live by yourself?"

Well, i shouldn't complain, but what you said about learning at school, i think i have to talk a lot with the students or the teachers. I think i must be "OPEN" to any doubts or complaints, which is very hard for ME...

see you soon.

せ said...

再度失礼。学校現場の惨状をまたお伝えします(笑)。さっき、「入学前の宿題はどうなりましたか?入学者説明会の冊子をまとめるので今週中にお願いします。」と言われました。なんか私が赴任する前に、入学する「前」の生徒に国語と英語で宿題を出して、入学式の次の日に「宿題テスト」なるものをやることに決定してたんですねぇ。私はずーっと無視してまして、それで上の要請となったわけです。もちろんまた適当にごまかしましたけど。さらにさらに、宿題どころかもっとすごいのもあるんです。某大手教材出版社Bが出している「スタディーサポート」というのがあります。これは春休みとか夏休みに一冊の冊子(国・数・英の問題集と解答・解説)が生徒に渡され、休み後にそれにもとづいた「テスト」がある。んで、その結果を見て、大手出版社のB様が、生徒に個別アドバイスをしてくれるという、涙が出るほどご親切な教材なんですよ。英語で言えばどういうアドバイスかというと、たとえば「単語力が弱いので読解問題文法問題ができていません。まずは基本的な単語集を完全に暗記するようにしましょう。単語集を勉強するときには、1日何個というように目標を立てて実行するといいですよ。」みたいなものです。

誰が金払うかって?もちろんお客様です。こういうのを学校の教員が「強制」してるんです。しかし、強制する方もまじで「生徒のため」を思ってやってるから始末が悪い。んで、このスタディーサポートも入学前の生徒にやらせるんだって。目的は「入学前から自主的に学習する姿勢をもつよう自覚させて、生徒個々の学習状況の問題点に気づかせて、きめ細やかな指導を行うため。」だとさ。supportどころかdiscouragementでしかないんですけどね。

上のスタディーサポートや宿題テストを企画した大先生は、今年何度も何度も「うちの英語のやり方は従来のやり方と全く違う。」って話を私から聞いてるはずなのに、でもだめっすよ。いやいやでも本当に熱心な先生ですよ。熱心だから余計始末が悪い。教師の「常識」はお墓の中でも腐りません。

まぁうちの学校に来る生徒はこんなの出されても古新聞と一緒に間違えて捨てちゃった-、というパワフルな若者であることを祈るしかないでしょう。ちなみに、英語の春休みの宿題は、「今までの英語の授業でいやだったこと・高校の英語の授業に期待することを原稿用紙2枚に日本語でまとめろ。」というものにして、宿題テストの時間はemmieねーさんを招いてdiscussionにしましょうか?(ギャラはスペイン語版Slam Dunk3冊)

ゃあどんな高校かおすすめですか?と聞かれたら、「できるだけ先生がやる気ない学校」って答えるしかないんですかね。

Mrs. Malone said...

Hi Chico, yeah there was an e-mail from you, but I felt something weired just by scanning it, so put it into the annoying mail section. Are you going to use that mail address from now on too? Hope your computer hasn't got any damage.
It's my pleasure to be of your help. I think "Read aloud handbook" is one of must read for Tadoku teachers and it lets you be free from the bandage of the idea that tells you "Gosuu should come first." Gosuu doesn't necesarrily tells you how much the students love English and reading. To experience a strinking moment from even one book is more precious for students rather than reading lots of books but only so-so pleasure.
BTW, I'm glad to know you seem to be staying rock after "dream comes true" holiday. hehe

Whiskers said...

emmieさん
いつも情報量の多さと、学校英語批判の鋭さにノックアウトされてコメントできずにいます。
すごく的確な指摘ばかりなので、MLに是非発言していただきたいなあ。学校で教えている人こそ、こういうことを知るべきだと思います。
私自身も、来年度はもう少し導入を工夫しなければと考えているところ。
ORTもね、本当にそうです。ましてや、大人の方だと、「英語のお勉強」と思わないとORTに手はなかなかのびませんね。読んでいるうちに楽しくなってきたらしめたもの、ですが・・・。ORTで本当にいいの?と声をあげる方がいてこそ、原点を思い出すことができると思いますよ。(じゃあ自分で言えば、ということになるかもしれませんが、私はそこまで感性が鋭くないので、気づかない・・・。)
emmieさんのところから、「日本語多読」のページに飛んだのですが、本を借りていかないことについて「楽しんでいないんですね」という言葉があり、「そうか!」と膝を打ちました。今年度の学生は、なかなか本を借りてくれない、なんだかいつまでもORTやLLLなどを読み続けるというのが特徴だったのです。楽しんでいない、本を選ぶことに喜びを感じていないから、めんどくさくてシリーズ物制覇になっちゃったという面があるかな、と。
これからもガンガンemmie節期待してます!

NEO said...

いつもパンチがきいていますね。良い意味ですよ^^
後からゆっくりコメントします~。今日は高校生のレッスンがあり準備に大忙し。 アバウト過ぎる私なので生徒から指摘や、質問など・・・身を引き締めております。自分も成長しなきゃだよん~。

Mrs. Malone said...

Hi せにょ!
I'll be looking forward to your 読み聞かせ and guitar session at school♪ oh, tell me if you need a keyboard player to perform, I can be of some help. ahaha

You know, if teachers force students to follow their orders little bit too much, then what happens next is crystal clear, total mess of classrooms, right? It's so scary both mentally and phisically if I were a teacher.
As a mother of two children, I always look back if I was acting too demanding and not listening to their opinions. I never ever want to experience harsh rebellious age of my children cuz my rebellious days were terrible...
Why could the students nowadays be so passive at school? Is it because of the system of judgement? Who should be to blame...

きゃははは!
”教師の「常識」はお墓の中でも腐りません。”うけました!!!エー実は私の親戚って先生だらけです。母、祖母、祖父、義母、おじ、おば、従兄弟・・・おじいちゃんなんて、中学の校長で障害者教育というのかな、いろいろ尽くした人だとかで、亡くなったときに勲章もらってましたよ。あれ校長ならみんなもらうのかな?死んでからもらったって意味なーい。こんな環境なので、お墓の中でも善人のふりしてお説教たれてそうなのがわかるー。ぷぷ
・・・スペイン語版Slam Dunk、それも3冊!は、あまりに魅力的。でもさ、単発で顔見せるような人には、心開いてくれないでしょ。
スラム・ダンクで思い出しましたが、小学校のクラス図書に、スラム・ダンクみたいなシリーズマンガ全巻置く先生がいるそうです。
私マンガ好きですよ、でも、でも、これ聞いて釈然としなかった。家でずっとマンガ読んでるのに、学校でもマンガかよ、なんかトホホ。それにスラム・ダンクって小学生には、早くない?(それに、あれは同人誌がたくさん出てるシリーズなんだよなーとか、変な心配をしてしまった・・・)

chico said...

hi, emmie. my pc has damaged actually. i'm glad that you ignored it.

anyhow, thanks for concerning me a lot. I've been rocking ever since the tripin' trip. haha!
And ever since I read the book, I started telling more stories even to him as well. Guess what! it works miraculously. haha He, as a teacher, totally agree what the book says and said that everyone should read books or stories each other especially in Japan where people tend to be shy with others. I do think it is a brilliant idea. Yomikikase is not only for kids, you know.
I've been enjoying telling stories to all the kids as well as some grown-ups. So much pleasure has been found again. The other night I read 30-40 pages of a book for momo and it was really a big pleasure to share a story like that without thinking about improving anything at all. Just absorbing into stories is just wonderful. I realized that was how I fell in love with stories including English ones.
thanks again.
chico

Mrs. Malone said...

Whiskersさん、こんにちは!
私は部外者、英語教育の渦中にはいないから、何でも批判できるわけで。学校の先生がみんな同じ方向を向くなんてこと、ぜったいにないでしょうから、理想を追求していくのは、とても一人ではできないですよね。
でも、先生というのは思った以上に狭い世界にすんでいるのかなーと思うことが最近多いです。
先日の小学校英語研究会も、あんな時代遅れのアイディアにも乏しい授業報告、というのが私の感想ですが、もと中学英語の先生だったという友人の友人は、講演会を聞いてもっと勉強したくなったから、講演した教授の講座をとってみたいと思われたとか。会社には派閥があるように、先生の世界でも似たもの、大御所の先生、愛弟子とか、狭い世界でお互いを慰め、ほめあいっこで終始する、そんなこともあるようですね。
ともかく、英語の先生、とくに高校あたりの先生は、真剣にやりだしたら悩みますよねー
だって、そもそも英語を必要としない高校生は、英語しなくていいと思うんですよね。中途半端に英語やって、何の意味があるのかと。他の事に時間かけたほうが、何ぼか収穫あるだろうに。
なので、どうしても高校で英語をやらないといけないのなら、中学で基本はできて?やっているんだから、高校では漠然と広範囲な英語をやるよりも、好きな分野に分かれてですね、特化した英語やればいいのに、とか思います。

se said...

Hola, todos. Can I still leave my comment on this article? isn't it too old a post, jaja.

Well, i got the "reading aloud handbook" yesterday, i was going to read it, but my children got very very rebellious, or just ignored me, so i got mad and gave them a looong preach, (which i learned through my teacher life...), finally had them write down a "pledge", which went like this.."We will never fail to finish what we have to do by 9 o'clock every day." "Anything which is not put away in the right place will be immediately thrown away by my father. We never give any objection if it should happen. And we will never give any excuse on the reason of the mess we made."

hahaha. Maybe i'm just making them more rebellious, after all...

Mrs. Malone said...

Hola, せにょ。
I went to Ikebukuro today, and handed some of your Spanish books to Suzuki-san. I'll put a notice mail in ML later.

I know you're kind and thoughtful father, so I guess your harsh words might reach your chilren. However what techniques are you going to use once your children get bigger, stronger and wiser?
you know, my son doesn't do any homework the day he got it, he does it just before he goes to school.
My daughter goes to bed way after midnight everyday, and doesn't get up until about noon on weekends.
They are so so lazy, but I say nothing about it. I'm always on the verge of exploding when I think about their behavior, but after all, they are learning from their parents, so broken ones.
I think I became more patient these days and am learning to believe in and wait for my children to realize how they should live to.

Mrs. Malone said...

NEOさん、こんにちは!
あんまり書くと、どっかからパンチ返されそうで、ちょっと怖いけど。
最近NEOさんも活発ね!読んでるからね、よろしく!辞書やテキストのこと、あまり知らないから、とっても参考になります。
今一人だけ相手をしてあげている高校生、他の先生に学校英語見てもらっていると聞いていたので、学校のことは面倒見ていなかったんだけど、どうもやめたらしく・・・、私の多読こそ、学校のこと考えると、やめたほうがいいと思うのだけれど・・・、ま、ともかく定着していないことが多いので、かといってばりばり多読にもならず、どうしたものか・・・。