Mar 5, 2009

YAシリーズ

teenの娘がいることもあって、YA本を手にする、読んでない・・・、ことが増えました。
例えば、こんなシリーズ・・・

YA! ENTERTAINMENT(講談社)
ミステリーYA!(理論社)
はじめての文学(文芸春秋)
YA!フロンティア(岩崎書店)
Y.A.Books(小峰書店)
Teen's best sevections(ポプラ社)
ヒント?カラフル文庫アンソロジー(ジャイブ)
ポプラ・ウイング・ブックス(ポプラ社)
きみが見つける物語ー十代のための新名作(角川書店)

で、こちら中学生ぐらいがターゲットの本ですが、表紙に惹きつけられて、チラチラめくって・・・
ボーイズ・イン・ブラック 1(YA! ENTERTAINMENT)
なんだー私が今読んでいるジャンルって、知らないのはネクタイびとだけ?
(以下抜粋)
腐女子シスターズがどんなものなのかは説明できない。いったい何人グループなのかも不明だ。活動はシンプル。「目の保養」になるオトコを追いまわし、歌う。それだけだ。

先日読んだ、これも同じ匂いプンプン。
The Manzai Comics 1 (Manzai Comics)
・・・最近、その系統の本が増え、隠すのもめんどうで、ついそこらへんに置き忘れる。そしたら娘はちら読みしたようで、冷たい一言「私とお母さんの好みは、合わない」。白馬に乗った王子様が~なお年頃ですからね。
さすがに、息子が読んでいたときには、血の気が引きましたね、とっさに叱ってしまった。
「お母さんの本は、読んじゃダメ!」^^;  多感なお年頃に母の趣味がばれたら、息子はどう反応するだろう~ぷぷ

というわけで、何が言いたかったかというと、子どもたちが読んでいる本やマンガ、親も自分の目でたしかめておくとよさそうですよと。

No comments: