Jun 3, 2008

音声変化・・・やっぱシャドーイングでしょ

今日は、高校生相手に英語の音の話をするために、音声変化をまとめてみました。
うーん、こうやって書き出してみると、すんごく難しいこと覚えなきゃ英語は聞けない、話せないみたいですね^^;
(Let me mutter sarcastically, to make simple matters look difficult is the easiest trick for incompetent English teachers, including me, not to lose their jobs in Japan...)
こんなの、シャドーイングすればいい話(・・・では、授業だとはみなしてもらえないんだよな)

<音声変化 contractions, linking, etc.>

①代名詞
He : _e him : _im her : _er them : __em
Tell him : tell’im ask her : ask’er told them : told’em about it : abouri

②破裂音の脱落 
hot : ho_   let down : le_down what’s up : what’u_ watch out : watch ou_
look : loo_

③短縮形contractions
you are : you’re   he is : he’s    it is : it’s    she will : she’ll   they would : they’d
he is not : he isn’t (米)   we should not : we shouldn’t    I had not : I hadn’t
we could not : we couldn't   I have gone : I’ve gone   it has been : it’s been

(口語、くだけた表現)
want to : wanna going to : gonna got to : gotta let me : lemme
have to : hafta should have : shoulda

④結合linking
-子音(「t」「d」「s」「z」…)+「y」
meet you    find you   would you could you told you
bless you   want you what you miss you is your

-似た音は一度に
this story : thisstory    take care : takcare    top player : toplayer next day : nexday
help Pete : hel_Pete   some plans : somplans this shop : thishop

-子音+母音をつなげる
give it to him : givitoim in an hour : inanour   she’s at a class : shesataclass
take them : takem make it at 6 : makitatsix    I know him : I knowim

-articles
I want a book take a few I caught a fish he’s an engineer I’ll have an egg
It’s an inch long

-connectives
Boys and girls write as soon as possible one or two ten or twelve kids

-prepositions
She lives at home I’m in trouble a glass of water    come on Monday
We test at two she’s on duty she’s afraid of the neighborhood
A cup of tea

⑤母音をあみださない
日本語はすべての音が母音で終わる、あ・かぁ・さぁ・たぁ・なぁ・・・。そのため英語でも、無意識のうちに子音の後ろに母音を入れてしまい間違った発音になる。子音の連鎖は一気に発音すること。
Street (s,t,r, すべて子音) Xすぅとぉりーと 
treat trick fresh frog dream drink blind clear space
stretch splendid sprout scream

⑥Full and Empty words
In fact of course it’s hot he’s gone you know I paid it works
Her coat our country in a minute at the time for a while

⑦rhythm, 強弱
 強弱をつけるだけで、意味合いは変わる。
a. I didn’t say you broke the vase. 僕が言ったんじゃない
b. I didn’t say you broke the vase. 言わなかったよ。
c. I didn’t say you broke the vase. 匂わせただけ、言わなかったよ。
d. I didn’t say you broke the vase. おまえがとは、言ってない。
e. I didn’t say you broke the vase. 割ったとは言ってない。
f. I didn’t say you broke the vase. 花瓶を割ったとは言ってない。

I found academic syllabus while I've been looking for a site explaining sound changes. It says these sound changes are taught with a textbook and it takes a whole! year to finish the book.
What a boring lesson!

3 comments:

NEO said...

よく、まとめたね~。
こうして眺めると理屈で覚えていたら、やってらんない~って事。
シャドーイングでつながった英語をやればそれで解決。理論やっても、話せば前後の言葉のつながりでイレギュラーに変わるのが英語です。
フォニックスも、書くときの文字形成のルール、口の形の基本形程度にしないと極端形になって直すのに大変です。
子音、破裂音も抜ける時もあるからね。
文章中でも抜けない時の方が多いけど・・・・
Dの音は文章中で、言いにくいけど抜けないで、しかと発音するのに気がついたばかりです。
例えばね、toldなんだけどね・・・

参考になる記事をありがとう。タイピング大変だったでしょう? お疲れ様でした。

emmie said...

いやん、こんなバカらしいことやってるの見つかって、はずかしいわん。(タイプは間違い多いけど速いの。見かけによらず、いらちなもんで。)
音のことでは、生徒さんとの実践の中で、新たな発見もあるんでしょうね。直に話が聞きたいなあ~、ほら、モゴモゴとかって、文字で書いてもらってもわかんないからね。

NEO said...

おはよう=
バカらしくないよ~。感覚では分かっているけど、こうして記述してみると、その量に改めてビックリしたわけ。
発音を勉強するなら通じる英語じゃなければ意味ないし、労力かけたのに通じないんじゃ、勉強する意味が分からなくなるもん。

私も、直で、じっくりお話したいと思っているのですよ。前回のオフ会では足りなかったな~。

モゴモゴはね、いろんなパターンがあって、それも、日本語英語、ネイテイブよりのモゴモゴとあるんですよ。聞かせてあげたいな~。

その人の癖によって、シャドーイングメニューも変わるし、追求してみると楽しいですよ。

私は子音が強すぎるから、アメリカンイングリッシュの速いのでシャドーイングしています。

あと、せわしない音っていうのもあるな~~。

やっぱり、夏休みにお会いできればいいな~・