May 22, 2008

fluency と accuracy

こども式のブログ読んで思ったこと、先生にメールしました。

fluency とか accuracyって、何がやりたいか、ここをはっきりさせないと、
前に進まないように思いました。
ビジネス、研究、友達づきあい、いったいどこで英語が必要なのか。

ビジネスの世界なら、精密さを必要とされる人もいれば、
大胆さ、aggressivenessを求められる人もいるでしょう。

研究する人なら、英語で論文が読めて書けさえすればいい人と、
世界へ出ていろんな国の研究者と交流したい人もいるでしょう。

私のように、軽い本が読めて、日常の出来事がスラスラ書けて、
気の合う日本人の友達とするように、外国の人とも気持ちのやり取り、心を通わせたい
という人もいますよね。

それぞれの目的によって、fluencyとaccuracyの比重は自ずと決まってくるような。
そしてこの比重は、ある程度実際に話す、書くをやってみればわかってくるかと。
私はメール交換をやってみて、相手の負担にならない、相手にメール交換を続けたいと思ってもらえる
ぐらいのaccuracyはありそうだ、ここはもっとfluencyが必要だなとわかりました。
反対に、日本語を勉強している人の書いたものを読むと、
もう少しaccuracyがないと、継続して読もうという気にはならないな、ということもあります。

学校のことを言えば、
高校っていうのは、建前は大学で高度な学問ができる人材を育てることなんでしょうが、
実際はそいういう生徒は少数で、私ぐらいのレベルまでいければ十分だと思うんです。
だったら、
グラマー、長文、会話、みたいな技能別の授業を組むんじゃなく、
各生徒の必要とするaccuracy,fluencyの割合にあわせた授業を組めばいいのに、
な~んて思いました。

・・・
Well, to do this, we need more teachers who know what's really like to use English in a real world, not in a closed fantasy world with texts and tests.

2 comments:

NEO said...

emmieさん、こんにちは。

このご意見に賛成。理系・文系と分かれたり、理系でも生物、物理、化学と選択したりしますよね。大学受験だって教科を選べるし・・・

英語の科目も生徒も目標とするところで選択できるといいですよね。

さすがだ・・・・

emmie said...

NEOさん、いらっしゃ~い!ふふふ、ブログがあると、自分の考えていることをズバッと書けるから助かるよ。NEOさん、活動期に入ったね!地方のほうが人が少ない分、顔がきいたりしてスムーズにいくんじゃないかな?私以前のところでは、図書館の人に洋書探してもらうと時間かかるから、書庫まで入らせてもらったり、大量にリクエストした英語の本を置くスペース作ってもらったり、だいたい英語の本をリクエストする人が他にいないので、図書館の人にすぐ名前覚えてもらえた。きちんとした都会の図書館では融通ききません。応援してるよ!!!